3DCGの可能性

当事務所では、基本設計の段階である程度のイメージパースを作成する。
図面と模型だけでは、どうしても想像し難い部分もあると思う。
これはお客様に対してのみならず、設計者にとっても非常に有益で、
図面と3Dモデリングを並行して作成し、全体のプロポーションや色彩設計を確認しながら何度も修正しながら進めている。
おそらくひとつの物件で未提出のものを含めると20枚程度のイメージパースを作成していると思うが、正直これはかなりの労力がいる。
とは言えお客様、設計者ともに納得出来るものを創ろうとしたとき、当事務所ではもはや省けない作業となりつつある。

brise_soleil south elevation CG
brise_soleil_south

brise_soleil south elevation Photo
_PDE6030

brise_soleil east elevation CG
breise_soleil_east

brise_soleil east elevation Photo
_PDE6027

brise_soleil L.D.K. CG
breise_soleil_ldk

brise_soleil L.D.K. Photo
_PDE5520

それほど上手なCGではないが、仕上がりの雰囲気などを事前に知る上では十分なクオリティーではないだろうか?
CGを造るのは大変だが、この作業を経ることによって設計図を書き直す作業は減るような気がする。
今はまだ発展途上の3Dプリンタであるが、模型を造る作業もコンピューター上で3Dモデリングをして3Dプリンタで出力する・・・。
そんな日もそれほど遠くないように感じる。