アゼルバイジャンの建築

wikiより拝借

CMでも見たことある人がいると思うが、あのザハ・ハディドの設計による建築物ヘイダル・アリエフ・センターだ。

すごい曲線ですね。自分のように直線的な設計しか出来ない人間にとっては圧倒的です。いつも思うが曲線を使って美しいデザインをするのは本当に難しい。しかもこのような不規則な複雑怪奇な曲線で美しく見せることが出来るとは。

ところでアゼルバイジャンってどこ?ってなると思うがカスピ海の西側に位置するこの場所です。旧ソ連解体後1991年に独立国となったようです。

wikiより拝借。アゼルバイジャンのペンギン3匹

上はアゼルバイジャンのペンギンことフレイムタワー。設計はHOKでアメリカの組織設計事務所。世界で4番目の規模の事務所だそうだ。

アゼルバイジャンは火の国と言われるそうで上のフレイムタワーもその名の通り火をイメージしているのだろうが、自分にはペンギンにしか見えない。ホテルや住戸オフィスなどが入る複合施設だそうだ。

他にもアゼルバイジャンには素晴らしい建築物がたくさんあるようだが、現在では第二のドバイと言われるような土地柄で、その裏にはやはりバクー油田という豊富な地下資源がありバブルの様相を呈しているようにも見える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です