建材高騰の今こそ設計事務所をご活用下さい

世間では値上げラッシュがおこっていますが、建築業界でも建材や設備機器など同様に値上げラッシュとなっています。

丸太価格
製材価格
今日現在の先物チャート

ウッドショックと言われるように木材の価格が膨れ上がっています。

上のチャートからもわかるように先物取引に関しては今現在過去最高値で、2021年の夏頃から比べると2.5倍ほどの価格になっています。

その他建材もほとんどのものが値上がりしています。一例を箇条書きで上げてみますと

・合板・・・昨年11月から10%程度の値上げ

・石膏ボード・・・昨年11月から30%値上げ

・外壁(国内大手各社)・・・昨年8月から17%の値上げ

・塗料(シンナー、溶剤、運賃など各々が)・・・10~20%程度の値上げ

・住宅設備(ユニットバスやトイレキッチンなど)・・・22年4月から2~39%の値上げ

・窓サッシ・・・22年4月から10~12%の値上げ

・コンクリート・・・22年1月より1トンあたり2000円程度の値上げ

鋼材価格

また上記のグラフからもわかるように鋼材も高騰しています。2008年の北京五輪の鋼材高騰に迫る勢いです。鋼材の値上げは基礎に使う鉄筋や金属系の屋根や外壁にも当然影響を及ぼします。

これだけのものが値上がりしているので、住宅一棟ではかなり影響があることでしょう。

ここで重要なのはこの値上がりが恒久的なのか一時的であるのかということだと思います。

私は今の様々な建材の価格が妥当であるとは思いませんが、元の価格にも戻らないのではないかと思っています。

時事ニュース切り抜き

様々な値上げで大変ではありますが、上の記事のように少し気になるニュースもあります。

大手鋼材メーカーが鋼材価格の値上げにより過去最高益だということです。

これは値上げせざるを得ない状況から、蓋を開けてみると結果的にそうなってしまっただけかもしれませんが、末端で苦しんでいるユーザーからすれば不満も募るでしょう。

このようなことが他の木材、住宅設備でも起こっていないか不安になってしまいます。我々には値上げを強いておいて自分たちだけは利益を貪るようなことはやめて頂きたいですね。

前置きが長くなってしまいましたが、このように不安定な現状であるので今後どのように推移するのか少し様子を見たいというのが、当然の心情だと思います。

そこで設計にかかる費用であれば値上げもないので、その間にじっくり時間をかけてプランを練り上げてみては如何でしょうか?

設計にかかる時間はお客様によって変わりますが、最低でも基本設計と実施設計をあわせて3ヶ月はかかります。当事務所では平均すると6ヶ月程度ぐらいが多いかと思います。

また、設計に3ヶ月かけようが12ヶ月かけようが頂く設計料金に変わりはありません。当然設計期間が長くなれば事務所の利益は目減りしますが、仕事の性質上しかたがありません。

ご相談や簡単なプランのご提案であれば費用はかかりませんので、是非今の時期に当事務所をご活用頂ければ幸いです。

フラット屋根(陸屋根)なミニマル住宅

ファサード

全て既製品を使った平屋の住宅です。

写真左側に見える美しい母屋と視覚的にどのように繋ぐかが課題でしたが、離れである本計画の平屋が主張しすぎないように調和する方向で設計しました。

これは私の指示ではなく現場の判断なのですが、土間コンクリートの割付がなかなかオシャレです。勉強になりました。

屋根伏図

また前面道路から見ると一見フラット屋根(陸屋根)にしか見えませんが、実際は緩勾配の寄棟になっています。

軒先

分厚い軒先やケラバはあまり格好がよくないので、少しでも薄くシャープに見せるため垂木を加工しています。

コーナー役物

外壁は一度使って見たかったケイミューのSOLIDOという商品を使わせてもらいました。既製品の外壁出隅のコーナー役物はだいたい幅広でかっこ悪いのですが、こちらの商品は私が普段使うようなアルミアングルを加工したようなシャープな役物で個人的にはとても気に入っています。

私の設計では意外に既製品を使用することが多いのですが、この度は内外ともに全て既製品を使用して設計しました。

既製品を使用して建築家っぽさが出せるかどうかが鍵でしたが、近年の既製品にはデザインや性能がよいものも多いので使い方次第でなんとかなりそうです。

結果的に施工に必要な時間、金額ともに圧縮できたのではないかと思います。

2022シンプルな書き込めるカレンダー(六曜入)

2022六曜カレンダー

毎年自分ように作っているカレンダーなのですが、結構便利なのでこちらに置いておきます。

ダウンロードしてご自由にお使い下さい。

上の写真のように厚手の紙に印刷して大きめのクリップで留めて使っています。

A3サイズで書き込みができて六曜入りかつシンプルなカレンダーってなかなかなくて、自分で作るようになってしまいました。

新年のごあいさつ

ANTENNA DISIGN 賀正

新年明けましておめでとうございます。

年も改まり今年が皆様にとって良い年であればと思います。

ANTENNA DESIGNは今現在個人事務所ですので、組織だった会社と比べると少し敷居が高いとか、問い合わせしにくいといったこともあるかと思いますが、メールでも電話でも本当に気軽にお問い合わせ頂いて結構です。

ただ一人で切り盛りしているのでご来所いただいても不在であったり、お電話も受けれないことがありますので、その点ご理解頂ければと思います。

それでは本年2022年もANTENNA DESIGNをよろしくお願い申し上げます。

ペットの死(ペットロス)を迎えて思うこと

2021年12月9日AM2:00頃、飼い猫の「もんす」が旅立ちました。享年6歳(推定)でした。

死因は断定できませんが、おそらく血栓塞栓だったと思います。同年12月1日頃から少し様子がおかしくなり(自分で上手に動けない、少し歩くと苦しそうに口呼吸するなど)、その夜発作的に20秒程度の痙攣をおこしました。

12月2日には病院に連れていき、細かく症状を伝えたのですが水分補給の点滴のみで投薬などの処置はありませんでした。

ただしその後一旦調子がよくなり少し動きにくそうではあるものの、自分で餌を食べ水を飲みトイレにも行けるようになりました。

取り越し苦労だったのかなと思い少し安心していたのですが、12月8日の朝になるとまた少しおかしい様子でした。この日は外出する予定があり夕方頃帰って来ると明らかにおかしな様子でしたが、病院も休みで先日のこともあるので明日連れていこうと思っていたら日付をまたいで夜には死んでしまいました。

ペットを亡くしてまず思うことは、たくさんの後悔でした。

「もっと早く気づいていれば…」、「違う病院で見てもらえばよかった…」(その時の動物病院の判断には半信半疑であったので)、「もっと遊んであげればよかった」、「もっと甘えさせてやれば」、とにかく挙げればたくさんあります。

生きている間は死んでしまうということを想定していないので、このような結果になると後悔と自責の念でいっぱいになってしまいます。

生と死は表裏一体であらゆる生命はこの死からは逃れる事はできません。一日生きたということは、一日死が近づいたということなのですから。

人も含め全ての生物の死後の世界についてはわかりません。ただ一つ確実に言えることは生きている側は必ず立ち直らなければいけません。すぐに立ち直ることはできないと思います。人も動物もなにか目的がありこの世に生を受けそして死んでいくというようなことを聞いたことがあります。

「もんす」も何か意味があり私達のところで引き取られ、一緒に過ごし死んでいったのかもしれません。

これからは「もんす」と出会えたことに感謝しながらその意味を考え、時とともに笑って過ごせる日がくればいいなと思っています。

踊り場から外を眺めるのが好きでした
「もんす」と娘その1
「もんす」と娘その2
「もんす」と娘その3
「もんす」とその妻「ねこ」
「もんす」とその息子「ごめ」
「もんす」とロシアンブルーの「ムゥちゃん」
全員集合

ちょうど一歳の女の子

今日でうちの娘(一花)が一歳になりました。

妊娠、出産、そして今ままで怒涛の日々でした。

おかげさまですくすくと育ち、以前より『どすこい感』も薄れ、

少し女の子っぽくなってきましたよ。

我が家はフローリングとタイルの床しかないのですが、小さい子供を育てる上で

畳の部屋があると便利だなと感じました。

ただ、建物を新築するのにあたってコスト的になかなか畳の部屋を設けるのも

難しいのでリビングの一角にマットを敷いたり、畳コーナーを作るのが現状で

は一般的でしょう。

でもやはり畳コーナーやマット敷きでは隔離できないので、

理想としては畳の部屋がいいですね。

自宅猫カフェ

手前から元野良のもんぺさん、ロシアンブルーのむぅちゃん、ほぼノルウェージャンのゴマちゃん

掃除をするためにセンターテーブルをよけていると、

いつの間にかこんなことになっていました。

ラグの下にホットカーペットを敷いているので、この時期はラグが大人気です。

猫的にはこたつが一番よいのでしょうが、

このリビングにこたつは合わないので・・・。

記事タイトル「自宅猫カフェ」としていますが、

もし猫たちを見たい方がいればアポとって頂ければいつでもどうぞ。

ロシアンブルーのむぅちゃんは人馴れしていますが、

他の二匹は残念ながら隠れてしまいます。

同時に家を考えている方も、当事務所兼住宅公開しています。

簡単な解説や事務所の方針、過去のギャラリー等もお見せすることが

できるかと思いますので、是非ご一報頂ければと思います。

一棟で別棟な二世帯住宅

これは随分まえに計画したボツ案件ですが、

なかなかおもしろいのでここで紹介したいと思います。

正面左側の黒と木製の壁の部分が2階建ての子世帯で、

正面右側の白い壁の部分が平屋の親世帯となっています。

正面真ん中の格子は大型の引き戸となっており、

広い中庭があります。その中庭を隔てて親世帯と子世帯が

向かい合っています。

建物の構造上は一棟ですが、機能的には全ての機能を分離した

別棟のような形式となっており、それぞれのプライバシーに

配慮した設計としています。

二世帯住宅の一番のメリットは一部分を共有させ、各々別棟として

建てるよりもコスト的に有利であるところだと思いますが、

どこまでを共有させるのかが一番のキーポイントとなります。

当然共有させる部分が多いほどコスト的には有利ですが、お互いの

世帯への気遣いも増して行くことでしょう。

私個人の考えですが、やはり玄関、風呂、トイレ、キッチンあたりは

それぞれにあったほうが良いのではないかと思います。

そのためには別棟に近い形をとる、もしくは階で区分するなどがよいの

ではないでしょうか。

当事務所兼住宅は階で区分された二世帯住宅という形式をとっています。

二世帯住宅をお考えの方も是非見学、もしくはご相談等頂ければと思います。

天井の高いフラット屋根の平屋

南側立面図

計画中というか保留中の物件ですが、個人的に好きな建物なので

ここで紹介したいと思います。

建築概要

・建築用途:専用住宅

・構造:木造在来構法

・階数:地上1階建

・建築面積:109.031平方メートル

・延床面積:99.094平方メートル

・最高高さ:5.3m

といった内容で平屋フラット屋根の建物になっています。

リビングの天井高は4.1mと高く、部分的にロフトを設置しています。

通風、採光、生活動線にも配慮した。使い勝手のよいプランニングに

なっています。

東側立面図

生活動線だけで考えれば出来るだけ階の移動が少ないほうがストレ

スが少ないのですが、単純な平屋では少し面白みにかけるので、

平屋+ロフトは理想的な造りだと考えています。

土地に余裕があれば是非平屋+ロフトの建物も検討してみて下さい。

ただし同じ床面積で考えた場合、2階建てと比べるとコスト的に割高

になってしまうのが短所ではあります。

2020新春ほぼノルウェージャン

今年の冬は随分と温かいです。

過ごしやすくてよいのですが、あまり冬っぽくなくて少し

物足りない感じもします。

それらもあいまってか、我が家の

「ほぼノルウェージャンフォレストキャット」のゴマちゃんも

いまいち毛が伸びません。

今日はそんなゴマちゃんのベランダでの様子をどうぞ。

後ろ姿
後ろ姿 その2
パラペット登り
パラペット眺め