バルミューダ BALMUDAの空気清浄機

BALMUDA The Pure 足元灯がおしゃれ

バルミューダという日本の家電メーカー。知ってる人は知ってるだろうが聞き覚えのない人も多いだろう。扇風機やトースターなんかはインテリアショップで見かけることも多いかもしれない。

自分が結構な花粉症ということと、赤ちゃんに少しでも良い環境をということで空気清浄機を買おうとしていたが、リビングが広く天井も高いので大型の空気清浄機を買う必要があった。

この空気清浄機けっこうな大きさがあるが、床面積約36畳まで対応とのことだ。

さて、エアコン然り空気清浄機もそうだがよくある○○畳という数値、家によって天井高さも違うし、吹き抜けの空間であれば全然違った話になってくる。この〇〇畳というのは(社)日本電気工業会 JEMAで定められおり天井高さ2.4mとして算出されている。

単純に計算すると我が家の場合天井高さ4.2mなので4.2÷2.4=1.8 約1.8倍の能力を持った空気清浄機が必要ということになる。もちろん天井高さが高ければその分対流も悪くなるであろうから1.8倍は最低の基準でそれ以上は必要になってくる。

BALMUDA The Pure スイッチ類

この空気清浄機見た目・性能とも気に入っている。スイッチ類はシンプルで上の写真以外にボタンなどはない。普段はAUTOで十分で花粉の時期に窓を開けているとしっかり反応していたし、匂い等も敏感に嗅ぎつけて反応してくれた。通常時は音は全く気にならないが、飛行機のボタンのジェットクリーニングモードの時の風量はかなりのもので音もすごい。ボタンを押した時の音がまるで飛行機のサインのような音でそれも楽しい。広いリビングや吹き抜けの空間がある場所ではなかなかおすすめなのではないかと思う。

少し違った副作用的なものかもしれないが、少しの間強運転またはジェットクリーニングモードにするとサーキュレーター替わりになるので冬場の暖房や夏場の冷房でも部屋全体への効きがかなり早い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

8 − seven =