カヤック・ア・ゴーゴー

先日友人と休みが合ったので、久しぶりにカヤックを漕いできた。天気・気温・風・波とも程よくいい日和だった。

feel free new gemini 安全のため目立つよう旗をたててます

カヤックは上半身で漕ぐ自転車のようなもの、自転車との大きな違いは陸からは決して見ることができない非日常的な景色とアイレベルの低さだと思う。普通に漕いでいるだけで十分楽しい。ただ自分の場合スポーツより遊びに重点を置いているのでこのカヤックはフィッシング用のシーカヤックで2.5人乗りのもの、大人二人と子ども一人まで乗ることができる。スピードはさほど出ないが安定性抜群なので安心感がある。陸からは絶対に行けないポイントへ行って竿を振ることができるのは、釣り人にとっては夢のようなことだと思う。ただ自分の場合カヤックフィッシングはほとんどせず終始漕ぎ続けている。何故かカヤックに乗っているときはあまり釣りをする気にならない。

ただし楽しいカヤックではあるが大きな欠点があって、非常に重くさらに長さもあるので一人で運ぶのが困難なことだ。一番大変なのが車へ乗せるのと降ろすこと。特に大型のSUVやクロカン車のように背の高いクルマだと一人はおろか二人でも不可能なほどに大変。せっかくのカヤックも車に乗せることができなければ意味がない。

THULE HULLAVATOR

そこで役に立つのがTHULEのHULLAVATORだ。実際の使用感や動作は上の動画にまとめておいたので良ければ参考にしてほしい。当時この商品日本では売られていなく、アメリカから個人輸入で取り寄せたが、今は日本でもバージョンアップして売っているようだ。価格はコミコミで7万円前後だったと思うが、今は10万円前後と結構値上がりしてるよう。今回は友人のランクル100に取り付けて実験してみた。乗せるときまた降ろすとき不安定かつ重そうに見えるが油圧が作動しているのでカヤック本体は肩に乗せているだけでほとんど力は必要ない。

出産 立ち会い

一花(いちか)女の子 三ヶ月

妊娠、出産、育児、女性は大変なもの。男としてわかってはいるものの決して体験できないものが多い。”大変だろうな” ”痛いんだろうな”とか頭の中で理解しているつもりでも、それはつもりであって、同じ経験をすることができない自分にとっては一生わからないことだ。

妻は県外の人だが、自分の希望もあったので徳島県内の産婦人科にかかることになった。自分は会社務めではないし、時間的な自由もあるのでなにかあった場合、なにもなくとも人よりかは、寄り添っていられることが多いのも大きな理由のひとつだった。

そうして予定日も近づいてくる中で、先生から”赤ちゃんの動きが少し鈍い” ”赤ちゃんが思ったほど大きくなっていない”とか不安なことを言われた、”お腹の中にいる以上何もできないので少し早めに出した方がいいかもしれない”と先生が言うのでこちらとしては従うしかない。予定日より少し早いが促進剤を施し出産する運びとなった。

立ち会いに関しては妻と相談したが、どちらでもよいと言うことであったし、自分としても少し怖かったので見送るつもりでいた。

が、促進剤を打って当日のこと病院から連絡があり、やはり来てほしいとのこと。急いで病院へ向かい急遽立ち会う運びとなった。

そこには苦しんでいる、頑張っている妻。そして頑張って生まれてこようとする赤ちゃん。助産師さん。先生。みんな頑張っている。自分はと言えば妻の傍らに立って腰をさすって上げることしかできない・・・。不甲斐ない・・・。”でも頑張れ!” ”赤ちゃんも妻も頑張れ!”と願いながら腰をさすった。ひたすらさすった。

これらのことを言葉で表現することは難しい。自分の語学力のなさもあるかもしれないが、今の自分では表現のしようがない。元気な産声とともに小さな命が誕生した。意外に大きく2745gの元気な女の子だった。

つまるところ先生の取り越し苦労であったのだが、あまり不安にさせるようなことは言わないでほしかった・・・。結果的にそのおかげもあって喜びもヒトシオであったし、安堵感も大きかった。まあ結果オーライであるのかもしれない。

今のところ元気に育っているし、標準かそれより少し大きいぐらいだ。これを書いている現在は4ヶ月になる。

時間的な都合や仕事の都合でなかなか出産に立ち会うことができないお父さんも多いと思う。でももし可能であれば是非出産には立ち会ってほしいと思う。少なくとも自分にとっては人生で一番感動した瞬間だった。

海が好き

甲浦でのカヤック遊び その1
甲浦でのカヤック遊び その2

山か川か海か、どこへ行きたい?と聞かれると多分”海!”と答えるだろう。別に山や川が嫌いな訳ではないが、なんか海が好き。

なぜ好きなのか分からないが、今一度考えてみるとその広大さが好きなのかもしれない。いまだに海を眺めていると感動することがある。地表の70%を占め、全ての生命の源となっている海。美しさもあれば怖さもある。自分の大好きなお魚さんもたくさんいる。

scuba diving 牟岐大島 depth 30m
snorkel 東陽町白浜海岸 depth 5m

徳島県内でも少し足をのばし南の方まで行けば、まるで水族館のような海中を見ることができる。甲浦あたりなら内湾なので比較的安全に磯遊びやシュノーケリングができるんじゃないかな。

住宅設計の難しさ

chaise longue02の打ち合わせ時のパース その1
chaise longue02の打ち合わせ時のパース その2

自分は元々いわゆる組織設計事務所で、公共物件や民間でも大型物件の設計を担当していた。基本的に不特定多数が使用する建物なので必要な設備や環境が整っていれば、誰が使用しても当たり障りのない無難な設計にしていればひとまず文句は言われない。個人で所有し使用するわけではないので突っ込んだことも言われにくい。技術的・手続き的な煩雑さなどは多いが・・・。

しかし、住宅や店舗など特定された個人が使用する建物となると自分がお金を捻出し自分で使用するので、自分の好みの建物にしたいとなるのは当然で、その分注文も多い。更に個人個人で趣味や好みも違うので一つ一つデザインや間取りも異なってくる。

その個人の趣味や好みを読み解くのが難しく、打ち合わせを重ねある程度はヒアリングするが、それだけでは足りない部分も出てくるので、言いたくても言えなかったようなことまである程度推測し資料を作成していく。

そしてたたき台としての資料をみてもらい再度打ち合わせするが、ここでばっちりハマることも少ない。あくまでたたき台なので修正や、まるっきり異なったデザインや間取りを再度提案することもある。

何度も修正や打ち合わせを重ね、予算・デザイン・間取りが満足するものが出来ればここから本格的にスタートとなる。

たまに”何度も修正させて申し訳ない・・・”と言われることがあるが、その過程も楽しいものであるし、むしろ何度も打ち合わせ修正を重ねないと、その人の最適解にたどり着けなかった自分の方が申し訳ないとも思う。

ちなみにアンテナデザインでは好みの回答が出せるまでの提案の段階ではお金は頂いていないので安心してご相談下さいね。

chaise longue 02 竣工写真 その1
chaise longue 02 竣工写真その2

釣りがすき

釣りが好き。雨だろうが強風だろうが暑かろうが寒かろうが行けと言われれば一年中どこへでも行ける自信がある。

割と好奇心旺盛な方なので、色んなことをやってきた方だと思うが、今でもやってるのはやっぱり釣りだ。

特に海釣りのフカセ釣りというのが好きでチヌやグレという魚を釣るのが好き。最近では近場で手軽にできる疑似餌を使った釣りをすることが多いが、面白いという意味ではフカセ釣りが自分にとっては一番しっくりくる。

釣り歴は長いし釣行回数も多いが、釣った魚の数は多くない。多分下手なんだろう。が下手なりにどうして釣れなかったのか、どうやったら釣れるのかと試行錯誤を重ねるのが釣りの醍醐味なんじゃないかと思う。

そんなものなので今でも釣れようが釣れまいが、暇をみつけては釣りにでかけている。釣り友募集中ですよ。

まずは食生活の改善

朝食 調理前
朝食 調理後 なんか汚い

以前の健康診断でLDLコレステロール値(悪玉コレステロール)が結構高いとうい事で、再検査&頸動脈エコー検査を追加で行った。

LDLが高いと血管がつまりやすくなり動脈硬化や心筋梗塞などの合併症を引き起こしやすいということらしいが、頸動脈エコーは異常なしの標準値だった。

ただ自分の場合HDLの結果が書いてなかったのでなんとも言えないが、現在ではLDLとHDLの比率が重要視されているらしい。なのでLDLが高くともHDLとの比率がバランス良ければ問題ないそうだ。

とはいえ、LDLだけ見ると基準値は大きく超えているので、少し食生活を改善してみようと先月の中旬ころから気を配って生活している。ただし食生活を含む生活習慣の改善だけではLDLの値を大きく改善することはできないらしいので、最悪は投薬しかないらしいが・・・。

食生活の改善を行う決心した要因の一つにLDLが高いというのもあるが、実は一番大きな要因はお腹周りの贅肉が結構ついてきたことだ。4年ほど前はトレーニングも定期的のやっていて結構バキバキの身体だったが、今はポヨポヨ・・・。妻に”お肉おるねぇ、乗っとるねぇ”などと言われるので、ちょっと頑張ってやろうと一念発起した次第。

現在食生活の改善や肉体改造のためのトレーニングやちょっとした有酸素運動をやりつつ一ヶ月が経過した。それなりに効果が出ているがもう少し頑張ってはっきりとした効果が出ればまたブログで報告したいと思う。

面白かった映画

ロッキー・ザ・ファイナル

映画はそれほど詳しいわけではない。見る頻度は人より少し多いぐらいかなと自分では思っている。なので素人の感想程度として捉えてほしい。

去年暇なとき、ふと思い立ってロッキーシリーズを1作目から順番に見ていくことにした。どれも面白かったが1作目から順を追って見ていくと、これは一人の人生を描いた物語だった。特にロッキーの物語を描いた作品としては最後となるロッキー・ザ・ファイナルはかなり良かった。特に自分やそれより上の人には共感できる部分も多いのではないかと思う。

この映画の主人公ロッキー・バルボアは学もなく教養もない。しかし熱く優しいハートの持ち主で気取らず傲らず、人に優しく親切だ。それ故そんな彼をよく知る街の人達も彼には優しく気さくに接している。

引退後質素に隠居生活を送っていた彼だが、大切な人との別れ、我が子との確執、そして自分の心の奥底でくすぶっているなにか。それらがひょんなことをきっかけに絡み合いやがてほどけていく。ざっくりとしたストーリーはこんな感じだ。”身体は老ても心だけは老いない”ことを見事証明してくた。

学や教養があるにこしたことはないが、それだけで頭でっかちな人間になるよりかは、彼のように熱く優しく誠実な人間のほうがかっこいい。

この映画ボクシングを題材としているが、男女問わず特にボクシングを知らなくても興味がなくても楽しめる映画だと思う。まだ見たことのない方には是非一度みてもらいたい。

クロネコ 母ちゃん

お母ちゃん

ほぼノルウェージャンフォレストキャットの”ゴマちゃん”の母親のクロネコ母ちゃん。正式に名前は決めていないが、”お母ちゃん”と呼んでいる。この子も我が家で保護してあげたかったが、既に猫3匹に加えて生後間もない人間の赤ちゃんもいるのでさすがに難しかった。ただそのまま放置もできないので、せめて避妊手術を施し耳をサクラにカットしてもらっている。あまり人見知りもしないので地域ネコのように可愛がってもらえればと願っている。

もんぺさん

×

お母ちゃん

ゴマちゃん

???

我が家の買ってよかったもの一位

アウトランダーPHEV

買って失敗した!買ってよかった!個人差や使い方によって様々なので一概に言えないが、なるべく買い物は失敗したくない。そんな中我が家の買ってよかったランキング一位はダントツでこの車だった。”うちで買ってよかったものってなにがある?”と妻に聞くと”アウトランダー”と即答した。自分もそう思う。以前ドナドナされたハイラックスサーフが維持するのに非常にコストがかかっていたことも大きな要因の一つであったとは思うが・・・。

この車はPHEV(プラグインハイブリッド車)で、ガソリンを一滴も使わない完全EV走行が可能。その走行距離はカタログ上は60kmとなっているが自分の乗り方では45km前後。近所の買い物や用事または通勤程度ならガソリンを使うことはない。電気を使い切ったらハイブリッド走行に移行しその燃費はカタログで19km/L、自分は17km/LぐらいなのでこのクラスのSUVとしてはハイブリットの燃費も悪くはない。既に9ヶ月ほど乗っているが満タン給油は名古屋まで行ったときだけで、その後は継ぎ足し給油のみでその頻度も3ヶ月に一度ほどだ。なぜ継ぎ足し給油なのかというとガソリンが古くなってくると強制的にガソリン走行を強いられるからであって、それがなければ1年ぐらい給油なしで行けるんじゃないかと思ってしまう。

当然EV走行するためには充電が必要で外部からの電源で充電するか、この車のエンジンを使って充電する。通常は自宅の200Vからの充電がよいと思う。バッテリーは12kwhで自宅の普通充電で約4.5h急速充電で25mで完了する。四国電力の夜間電力は1kwhあたり約11円なので、満充電するのに約132円。現在の徳島市近郊のガソリン価格がレギュラー142円/Lなのでガソリン1L換算するとEV走行の燃費は約50km/L程度となるのでなかなか経済的。充電プラグを挿しっぱなしにしていても車側で充電時間を設定できるので、きちんと夜間電力帯に充電し、完了もしくは時間が来ると勝手に切れる。

更に大容量のバッテリーを搭載しているため非常用の電源として使用でき実際災害時にはかなり役立ったという声もあるようだ。V2H(ヴィークル トゥ ホームの略)としても使用でき、この車のガソリンで発電しながら使用すると一般家庭の約1週間分の電力を供給できるようだ。ただこれを実際に行うとなると別途自宅と車の間に蓄電池が必要でこれが高い100万円程度かかる。やがてはPHEV,EVが主流となってくるだろうからその頃にはもう少し価格もこなれてくると思う。自分もいずれは購入しようと思っている。

この車を購入するきっかけとなったyoutubeの動画がちょっと面白かったので下に貼っておきます。

ドナドナ ハイラックスサーフ

自分は生粋のサーフ乗りで130系サーフから185、215とモデルチェンジするたびに乗り継いで来た。この215系サーフは結局13年間連れ添ってきたが、この度ついに手放すことになりました。

というのも13年目の車検でさすがに色々と交換すべき箇所が増え車検を通すのが非常に高額になってしまった。更には初年度登録から13年を経過した車は自動車税、重量税とも15%アップとなってしまいます。排気量も3.4Lで実施燃費は6km/Lほど。流石にお財布に優しくないということで・・・。自分が好きな車を大事に長く乗るのも一つのエコだと思うのですが、厳しいですね。

この車で13年間色んな場所へ行った。楽しいこと苦い経験たくさんの思い出を作ることができた。クロカン車でなければ行けない場所、ならではの楽しみ。最後の見送りはちょっと寂しかった・・・。