マリンピア沖洲でタチウオ釣り

中央の緑は電気ウキ 長時間露光でモジャっとしてます

徳島市内から近くて便利なマリンピア沖洲。季節ごとに色んな釣りが楽しめ、車を横付け出来るので楽。他の場所に比べるとやや魚影が薄いのが難だが、近いのは何よりまさる。

ここらでは今の時期あたりからタチウオが釣れ始める。初期の頃はやや大きめのものが釣れ、やがて少し小ぶりになり、また秋が深まるに連れて大きくなるのがこのあたりのタチウオ釣りの流れだ。

釣れるときは釣れるが釣れないときは全く釣れない

自分はもっぱら夜釣りでキビナゴなどを使ったエサ釣りがメインだが、この時期は疑似餌を使ったワインド釣法などの方に一日の長があるように思う。エサ釣りでも釣れなくはないし何より楽。それほど難しい釣りではないので、初心者やファミリーフィッシングにも適していると思う。

またタチウオはご存知の通りタンパクでかつ美味しい魚なので持って帰っても喜ばれる。料理のバリエーションも豊富なので飽きもこない。小骨が多いのが難だが、自分は小骨も全て処理してから妻にバトンタッチしている。

マリンピア沖洲で名人”小里哲也”さんと会った

先日たぶん6月の下旬頃マリンピア沖洲の突堤、先端あたりで午後から約2時間ほど釣りをしていた。先端と言っても現在は工事中なので柵が設置されておりそこまでしか行けないが。

散歩がてらの釣りでマキエサも何も持たず挿し餌だけ(大きなエビ)持って、カンダイ(コブダイ)狙いだ。ここでは何度か大きなカンダイ約70cmぐらいが泳いでいるのを目撃しているのであわよくばというぐらいの気持ちだった。

周りが少し騒がしかったので、イヤホンをしてラジオを聞きながら釣りをしていると、後ろから声が聞こえた気がしたので振り返ってみると、なんと徳島の初代釣名人”小里 哲也”その人だった。

自分がフカセ釣りを始めたのは父親がやっていたからだが、ある程度興味を持ってからは自分で色々と勉強をし、この小里哲也名人の本をよく読んでいた。

現在日本全国で普通に行われているフカセ釣りというのはほとんど阿波釣法と呼ばれるもので、それが広まったのもこの人の功績が一番大きいと思っている。

カンダイ(コブダイ)ってこんな魚。

くだらない釣りをしている自分に気さくに声をかけてくれた。カンダイを釣っていると言うと小里さんもたまにカンダイ狙いで釣りをすることがあるそうだ。カンダイなんてどちらかというと外道とされる魚であまり専門に狙う人なんていないと思っていたので少し驚いた。まだそこまで大きくないお孫さんがいるようで、”カンダイ釣りでお孫さんに竿を持たせていたら海に引っ張り込まれそうになった”なんて話もしてくれた。

もうすぐ80歳になる高齢だが、今も現役で競技会なんかも出ているそうだ。背筋もピンとして健康的な褐色の肌で到底その年齢には見えない。せいぜい60歳ぐらいの見た目だ。

今の時期は吉野川や今切川で、日中チヌ狙いのフカセ釣りをしているそうだ。この時期はあまり大手にはチヌは少なくやや川の中の方に入ってきているとのこと。この記事を書いている今頃なら岸壁にもチヌは付き出す頃かもしれないが。

このような名人と一度でいいから一緒に釣行してみたいものだ。多分一人で行く100回の釣行より勉強になるだろう。今思えば写真の一枚でもお願いすればよかった。

徳島近辺のシーカヤックポイント

画面中央の青いマークの場所

シーカヤックには当然船舶免許の必要がないので、自己の責任においてどこへ行こうが自由だ。和歌山から紀伊水道を経て徳島まで漕いだ人もいるようだ。

とはいえ自分の安全の為、他の船舶や仕事の邪魔をしないようになるべく配慮しなければならない。さらに二人乗りのカヤックのような大型になると浜のような場所からでなければ乗り降りは大変であるし、その浜近くまで車が行けないと運ぶのも大変だ。

徳島市近郊で比較的安全に遊べるポイントとして勝浦川河口、勝浦浜橋したの河川敷きあたりから出発するのは結構おすすめじゃないかと思う。

流れも穏やかで少し漕ぐと大神子海岸をはさんでちょっとした岬がある、険しい山伝いでなければ行けない砂浜もシーカヤックでならなんなく行けるので遊べる場所も多い。

釣りならば岬周辺でシーバス、アコウ(キジハタ)、時期によればツバスやハマチの回遊もあるだろう。カヤックからのフカセ釣りは難しいが可能であればグレやチヌの数釣りも出来るのではないかと思う。

ただ素人の一個人の意見なので、全て鵜呑みにしないでね。

上の地図のスタート地点はこんな感じです。

カヤック・ア・ゴーゴー

先日友人と休みが合ったので、久しぶりにカヤックを漕いできた。天気・気温・風・波とも程よくいい日和だった。

feel free new gemini 安全のため目立つよう旗をたててます

カヤックは上半身で漕ぐ自転車のようなもの、自転車との大きな違いは陸からは決して見ることができない非日常的な景色とアイレベルの低さだと思う。普通に漕いでいるだけで十分楽しい。ただ自分の場合スポーツより遊びに重点を置いているのでこのカヤックはフィッシング用のシーカヤックで2.5人乗りのもの、大人二人と子ども一人まで乗ることができる。スピードはさほど出ないが安定性抜群なので安心感がある。陸からは絶対に行けないポイントへ行って竿を振ることができるのは、釣り人にとっては夢のようなことだと思う。ただ自分の場合カヤックフィッシングはほとんどせず終始漕ぎ続けている。何故かカヤックに乗っているときはあまり釣りをする気にならない。

ただし楽しいカヤックではあるが大きな欠点があって、非常に重くさらに長さもあるので一人で運ぶのが困難なことだ。一番大変なのが車へ乗せるのと降ろすこと。特に大型のSUVやクロカン車のように背の高いクルマだと一人はおろか二人でも不可能なほどに大変。せっかくのカヤックも車に乗せることができなければ意味がない。

THULE HULLAVATOR

そこで役に立つのがTHULEのHULLAVATORだ。実際の使用感や動作は上の動画にまとめておいたので良ければ参考にしてほしい。当時この商品日本では売られていなく、アメリカから個人輸入で取り寄せたが、今は日本でもバージョンアップして売っているようだ。価格はコミコミで7万円前後だったと思うが、今は10万円前後と結構値上がりしてるよう。今回は友人のランクル100に取り付けて実験してみた。乗せるときまた降ろすとき不安定かつ重そうに見えるが油圧が作動しているのでカヤック本体は肩に乗せているだけでほとんど力は必要ない。

海が好き

甲浦でのカヤック遊び その1
甲浦でのカヤック遊び その2

山か川か海か、どこへ行きたい?と聞かれると多分”海!”と答えるだろう。別に山や川が嫌いな訳ではないが、なんか海が好き。

なぜ好きなのか分からないが、今一度考えてみるとその広大さが好きなのかもしれない。いまだに海を眺めていると感動することがある。地表の70%を占め、全ての生命の源となっている海。美しさもあれば怖さもある。自分の大好きなお魚さんもたくさんいる。

scuba diving 牟岐大島 depth 30m
snorkel 東陽町白浜海岸 depth 5m

徳島県内でも少し足をのばし南の方まで行けば、まるで水族館のような海中を見ることができる。甲浦あたりなら内湾なので比較的安全に磯遊びやシュノーケリングができるんじゃないかな。

釣りがすき

釣りが好き。雨だろうが強風だろうが暑かろうが寒かろうが行けと言われれば一年中どこへでも行ける自信がある。

割と好奇心旺盛な方なので、色んなことをやってきた方だと思うが、今でもやってるのはやっぱり釣りだ。

特に海釣りのフカセ釣りというのが好きでチヌやグレという魚を釣るのが好き。最近では近場で手軽にできる疑似餌を使った釣りをすることが多いが、面白いという意味ではフカセ釣りが自分にとっては一番しっくりくる。

釣り歴は長いし釣行回数も多いが、釣った魚の数は多くない。多分下手なんだろう。が下手なりにどうして釣れなかったのか、どうやったら釣れるのかと試行錯誤を重ねるのが釣りの醍醐味なんじゃないかと思う。

そんなものなので今でも釣れようが釣れまいが、暇をみつけては釣りにでかけている。釣り友募集中ですよ。